NPO法人 JUNSHIN SPORTS CLUB


『女子サッカー発信で、多くの人に笑顔を届けたい!』

『女子サッカー発信で、社会課題を解決したい!』


当法人の目的(定款より)…この法人は、藤枝市を中心に地域住民に対して、地域社会における運動・スポーツの普及と振興を図り、サッカーを中心とした子供達の健全な心身の発達を促すとともに、運動・スポーツを通して地域社会に貢献できる事業を行い、子供の健全育成、自立、スポーツの振興及び地域住民の健康福祉の充実に寄与することを目的とする。


女性スポーツチームの運営及び指導に関する事業

 藤枝順心サッカークラブの運営をしています。

・ジュニア:小学1〜6年女子選手

・ジュニアユース:中学1〜3年女子選手

運動・スポーツの啓発、普及、振興に関する事業

 現在は、サッカースクール(JFAなでしこひろば)を月2回実施しています。対象:年中〜小学6年女子選手

 今後、以下のような取組も検討中

・中学生以上のサッカースクール

・大人のスクール

・多世代交流

 

運動・スポーツの指導者育成に関する事業

指導の継続と発展の為に

育成指導に関すること

・指導の質向上(講習会や研修会等)

・指導者の養成

・指導者派遣に関すること


運動・スポーツの各種大会、イベントに関する事業

交流の場としての機会創出案

・交流会、フェスティバル

・大会(キッズ〜大人)

・保護者  ・多世代

・障がい者スポーツ

・ウォーキングフットボール

・ライフキネティック

運動・スポーツを通じた健康の増進に関する事業

健康増進に関する事業案

・ライフキネティック

・ウォーキングフットボール

健康経営

・栄養講座

・遊びスクール

・運動指導

地域住民の保健、医療又は福祉の増進を図る事業

 

保健・医療、福祉に関する事業案

ライフキネティック

・ウォーキングフットボール

・栄養講座

・運動指導



   設立趣旨

 

私は小学校の頃「キャプテン翼」という漫画に出会いサッカーが好きになりました。しかし女の子だからという理由で、仲間に入れてもらえずサッカーが出来ない現実に直面しました。その後、中学校の女子サッカー部同好会を経て、クラブチームに入り、サッカーと出会うとが出来ました。

このように自分自身の経験からも、環境に影響を受けている「女子サッカー」をより身近に、より楽しんで出来るようにしていきたいという強い思いがあります。

また2001年~2004年、日本サッカー協会の女性インストラクターとして全国各地をまわりました。その時、女子サッカー選手の登録人口の減少が小学校から中学校への移行に多く、大きな課題となっている事を知りました。

そして、「サッカーのまち藤枝」で、藤枝順心高校のご理解とご協力のもと、女の子がサッカーをする環境をつくることが出来ました。今後は、より多くの人がスポーツを通して成長出来る場、関わった選手達が戻り関われる環境整備をしていきたいと思います。

JUNSHIN SPORTS CLUBでは、サッカーのまち藤枝で、藤枝市も掲げる「女性が輝く社会」を、地域と共に根ざし、スポーツを通じて「社会の中で輝く女性の育成」をはかり、市民や多くの人々が笑顔幸せになれる場を提供できるスポーツクラブを目指します。

 

藤枝順心サッカースクールがスタートしてから約15年を経て、今後永続する為に、従来の任意団体ではなく、特定非営利活動法人(NPO法人)とすることで、社会的信頼と立場を明確にするとともに、活動の永続と活性化をはかる必要があると考え設立に至りました。

 

設立代表者  渡邉 亜紀